GIS

書評

【改訂新版】[オープンデータ+QGIS]統計・防災・環境情報がひと目でわかる地図の作り方|書評

どうも38(さや)です。
カテゴリ「書評」では、38が読んだ中でオススメの本をご紹介しています。

今回は、2回連続でGISGeographic Information System地理情報システム))に関する書籍をご紹介します。

初回は、朝日 孝輔・大友 翔一・水谷 貴行・山手 規裕 著『【改訂新版】[オープンデータ+QGIS]統計・防災・環境情報がひと目でわかる地図の作り方』(2019年、技術評論社)をご紹介します!

GISを用いたデータ分析に初めて取り組んだ際に、とってもお世話になった書籍で、どうしてもオススメしたく取り上げました。

本当、GIS初心者にオススメの1冊です!

概要

この本は、繰り返しになりますが、初めてGIS(地理情報システム)に触れる方にとってもおすすめの1です。

なぜなら、無料で使えるGISソフトQGIS」の使い方だけでなく、投影座標などの地理空間情報の基礎知識やちょっとしたルールを守れば誰でも自由に使える「オープンデータ」についてなど、GISソフトを使う上で必要な前提知識も同時に確認することができる1となっております。ありがたや。

 

著者

あたりまえですが、4者とも地理空間情報関連のプロフェッショナル!

書籍名の冒頭に「改訂新版」とあるとおり、本書の前進となる1冊が2015年に出版されています。
このことからも、信用できる1冊と感じ、私は購入しました^^

 

目次

  • Part I 地図情報/オープンデータの基本を理解する
    • 1章 地理空間情報の基本
      • 1.1 身近な地理空間情報
      • 1.2 情報は位置に結びつく
      • 1.3 位置の表現の仕方
      • 1.4 さまざまな投影法
      • 1.5 住所から位置を求める
      • 1.6 可視化することで理解が進む
    • 2章 オープンデータの基本
      • 2.1 オープンデータの定義
      • 2.2 オープンデータを巡る動き
      • 2.3 公共のデータだけがオープンデータ?
    • 3章 今,なぜ注目されているのか
      • 3.1 測位技術の充実
      • 3.2 オープンソースソフトウェアの充実
      • 3.3 位置情報の利用に対する期待と課題
  • Part II データを準備する
    • 4章 オープンデータを使う
      • 4.1 オープンデータを探す
      • 4.2 カタログサイトの利用
    • 5章 代表的なファイルフォーマット
      • 5.1 CSV
      • 5.2 XML
      • 5.3 ESRI Shapefile
      • 5.4 GeoPackage
      • 5.5 GeoJSON
      • 5.6 KML
      • 5.7 位置情報付きの画像
      • 5.8 標高値データもしくはグリッドデータ
      • 5.9 タイル地図
    • 6章 ライセンス
      • 6.1 利用にあたって確認すべきこと
      • 6.2 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      • 6.3 パブリックドメイン
  • Part III 基本となる地図を準備する
    • 7章 身近な地域の地図を作成する
      • 7.1 本章で作成できる地図
      • 7.2 使用時に確認する項目
      • 7.3 地図データをダウンロードする
      • 7.4 ファイルを開く
      • 7.5 レイヤ毎にスタイルを設定する
      • 7.6 保存する
    • 8章 世界地図を作成する
      • 8.1 データをダウンロードする
      • 8.2 ファイルを開く
      • 8.3 レイヤ毎にスタイルを設定する
      • 8.4 投影法を設定する
    • 9章 公開されている地図を使用する
      • 9.1 タイル地図(XYZ Tiles)の使用方法
      • 9.2 公開されているタイル地図を使用する
  • Part IV テーマを決めてデータを可視化する
    • 10章 防災/減災/安全に役立つ地図を作成する
      • 10.1 データをダウンロードする
      • 10.2 点要素のスタイル
      • 10.3 線要素のスタイル
      • 10.4 面要素のスタイル
    • 11章 年齢別人口分布図を作成する
      • 11.1 コロプレスマップ(階数区分図)
      • 11.2 政府統計の総合窓口(e-Stat
      • 11.3 データをダウンロードする
      • 11.4 ファイルを開く
      • 11.5 小地域データに統計データを結び<つける
      • 11.6 人口(住民数)で色分けする
      • 11.7 選択したレイヤを出力する
      • 11.8 保存する
    • 12章 山岳表現を作成する(国内編)
      • 12.1 データをダウンロードする
      • 12.2 グリッドデータに加工する
      • 12.3 標高毎に色分けする
      • 12.4 陰影図を作成する
      • 12.5 色分けした標高データと陰影図を重ねる
    • 13章 山岳表現を作成する(世界編)
      • 13.1 データをダウンロードする
      • 13.2 投影法を変換する
      • 13.3 標高毎に色分けする
      • 13.4 色分けした標高と陰影図を重ねる
    • 14章 カッパ出没マップを作成する
      • 14.1 河川データから河川からの距離図を作成する
      • 14.2 植生データから畑地面積率図を作成する
      • 14.3 標高データから日射量図を作成する
      • 14.4 データを組み合わせてカッパ出没マップを作成する
      • 14.5 カッパ遭遇危険度マップを作成する
  • Part V データを出力する
    • 15章 印刷する
      • 15.1 レイアウト
      • 15.2 レイアウトマネージャ
      • 15.3 地図を配置する
      • 15.4 全体図を配置する
      • 15.5 タイトルを配置する
      • 15.6 スケールバーを配置する
      • 15.7 方位記号を配置する
      • 15.8 凡例を配置する
      • 15.9 その他
      • 15.10 出力する
      • 15.11 地図帳機能を利用する
    • 16章 QGIS以外の魅力的なツール
      • 16.1 Avenza Maps
      • 16.2 Tableau Public
      • 16.3 ArcGIS Online
  • Appendix
    • Appendix A QGIS操作ガイド
    • Appendix B データカタログ

 

本書のポイント

ポイント1:本書の内容を一通り実践すると、何となくQGISが使えるようになる!
ポイント2:図が豊富でとにかくわかりやすい!

私自身、本書の内容を一通り実践した後、完璧とは程遠いですが、自分がしたいと考えた分析をQGISを使って行えるようになりました。

というのも、実際の操作画面を写した図が豊富に掲載されているので、サクサク基本操作を学べてしまうのです。

QGIS無料で使えるソフトということもあって、Googleなどで検索すると使い方を解説しているページがいくつもヒットしますが、「検索する時間がもったいない」、「効率的にQGISの使い方を学びたい!」という方には、基本操作を実際に手を動かしながら学べるよう構成されている、かつ、図が豊富な本書はとても役立つと思いますよ。

ポイント3GISソフトを使う上での前提知識も学べる!

冒頭にも書きましたとおり、本書は無料で使えるGISソフトQGIS」の使い方だけでなく、投影座標などの地理空間情報の基礎知識やちょっとしたルールを守れば誰でも自由に使える「オープンデータ」についてなど、GISソフトを使う上で必要な前提知識も同時に確認することができGIS初心者にとっても親切な構成になっております。

QGISで分析を進める過程では、座標の設定などどうしても地理空間情報の知識が欠かせない場面が出てきますし、ルールを無視したデータの使い方をしてしまうリスクも避けられますので、前提知識の解説は本当にありがたい。

 

読後のアクション!

ポイント1にも書いたとおり、読後というより読み進めながら一通り試してみて欲しいです!

パソコンさえあれば、全て無料で実施可能な内容です。
案ずるより産むが易し!
Let’s Try

 

まとめ

以上、朝日 孝輔・大友 翔一・水谷 貴行・山手 規裕 著『【改訂新版】[オープンデータ+QGIS]統計・防災・環境情報がひと目でわかる地図の作り方』(2019年、技術評論社)のご紹介でした。

私が「GISなんて触ったことないよ〜ベクター?ラスター?なにそれ〜」と焦りに焦っていた時に私を救ってくれた1冊ですので、GIS初心者には本当オススメ!

ただ、本書で学んだ後、実務でQGISを使い始めると、残念ながら本書だけではわからないことが多かれ少なかれ出てきてしまうのです。

次回は、そんな時に役立つ1冊をご紹介したいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!(^o^)/

スポンサーリンク

     

ブログランキングに参加しています!
応援よろしくお願いいたします^^
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村


IT・通信業ランキング

-書評
-, , , , , , ,

© 2021 さやログ